フィリピンを生きるではフィリピンの庶民の日常生活に密着したディープなフィリピン情報を発信していきます。海外不動産投資・海外起業・海外生活の話題も盛り込んでいきます。

フィリピンを生きる

タガログ

勉強しても分からないタガログのコツ1

更新日:

私自身、タガログには苦労しました。

10数年前にフィリピンに住み始めのころ
友人らとの宴会の時ですが、
彼らは日本語を話せない、私は英語を話せない。

 
そんな状況でスタートしました。

親友の一人が船乗りで、簡単な日本語を話せたので
私の中学レベルの英語と混じりながら語ったのを
今でも覚えてます。

友人と毎日のように飲んでる内にタガログを覚え、
今では、日常生活には困らなくなりました。

 
しかし、
勉強した訳でもないですし、
そのためか専門的な用語は、ほとんど分かりません。

文法等の詳しい解説は他のホームページにいくらでもあると思います。
詳しい事はそちらの方が正確だと思います。

 
こんなレベルの私のタガログですが、
勉強をせずに覚えた経験から、
私なりにコツを伝えて行きたいと思います。

 
ブログランキングに参加しています。他にもリアルなサイトがあるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ

ありきたりなフェイク情報が嫌いな人は応援クリックお願いします。
 




タガログを話す事

以前の記事に様に、
「イカウ マガンダ ナ~」
「アコ インラブ」
「イカウ アサワ メロン?」
こんなのは言語ではありません。

ただし、悪いことではありません。
このレベルでタガログが話せると豪語する詐欺師が悪いのです。

 
タガログを少しの単語でも知っているじゃないですか?
それを使っていますよね。
少なからず、タガログを話す事に興味があると思います。

せっかく入り口に立っているので、
一歩づつ進んでみましょうよ。
新たな世界が開けます。(大げさかな?)

 
タガログを話すメリットは多くあります。

日常生活が快適になります。
家族と交流ができます。
タクシー等のぼったくりが減ります。
騙そうとするフィリピン人が減ります。
フィリピン人の内緒の話が理解できます。

その他、多くのメリットがあります。
デメリットなんか無いでしょう。

 

英語が出来るから問題無い?

フィリピンは英語が公用語で、
英語が出来るから問題無いと言う方も多くいます。

そうだと思います。
仕事をする上では、タガログは必要無いでしょう。

 
しかし、
日常生活ではどうでしょうか?

 
日常生活を英語で会話するフィリピン人はいません。

※タガログが分からないビサヤの人なんかは英語混じりで会話する場合もたまにあります。
※少し前は気取って英語で会話する若僧もいました。ただし、人前のみ。

英語がわからないフィリピン人も多くいます。

 
事実として、フィリピン人にとって英語は外来語です。
母国語ではありません。

 

勉強は必要か?

私は日本の英語教育の問題点は、テストのための英語を教えているところだと思います。
本来、言語は勉強することではありません。

教育が受けられず、読み書きが出来なくても
話す事はできます。

子供なんかもそうですよね。
読み書きが出来なくても、会話はできますよね。

基本的な文法・単語の勉強はした方がいいと思いますが、
それ以降は話して慣れる事も重要だと思います。

タガログのテストなんて無いですからね。

 
大人になってから覚えると、考えて話してしまうと思います。

言語は本能のはずです。
考えて話す事が間違いだと思います。

実際私も、最初のころは考えてました。
「この言い方で伝わるかな?」
「この言い方で間違ってないかな?」
「過去形等の時系列の言い回しはあっているか?」
そんな事を考えていました。

間違いだと気づく時がありました。

酔っ払った時の方がタガログを流暢に話せます。
まったく考えないで話してるからですよね。

 
次回から具体的なコツを記事にします。

文法とかの解説はしません。
私自身も詳しくないです。




-タガログ

Copyright© フィリピンを生きる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.