フィリピンを生きるではフィリピンの庶民の日常生活に密着したディープなフィリピン情報を発信していきます。海外不動産投資・海外起業・海外生活の話題も盛り込んでいきます。

フィリピンを生きる

怪しいフィリピンの日本人

同胞を食べる悪魔~日本人詐欺師~

更新日:

フィリピンに関わって生きていると、
怪しい日本人と出会う事が多々あります。

大半は詐欺師です。
騙されてる日本人もかなり見てきました。

 

何かを売りつけたい方から
投資という名の寄付まで様々です。

彼らは驚くほどに共通点があります。

 
ブログランキングに参加しています。他にもリアルなサイトがあるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ

ありきたりなフェイク情報が嫌いな人は応援クリックお願いします。
 




 

お決まりで、「自称」ですが。

フィリピンに精通している
タガログを話せる
大物にコネがある
マカティ推し

他にもありますが、
もれなく言ってくる台詞です。

 

自称「フィリピンに精通している」

たいてい精通してるのは夜遊びだけです。
「○○ペソでうんぬん」とか聞きたくありません。

フィリピン人からちょっと聞いたことを
もう自分の庭みたいに話します。

空港からホテル直行、
ホテルの近くで夜遊び、
食事は日本食レストラン
通訳は日本語のわかる彼女。

別にそれが悪いとは言いませんが、
それで、どうやって精通できるのでしょうか?

ちょっとツッコんだ質問して見て下さい。
答えられないですから。

 

自称「タガログを話せる」

私自身、日常でタガログには困りません。

それでも、私よりタガログがうまい日本人を
何人も知っています。
彼ら全員がフィリピン人と結婚して、
フィリピンの地元で長年住んでいます。

そういう人たちは日本人がらみの投資とかに
絶対に絡んでこないです。あたりまえですが。

ありがちなのは、
単語を無理やり組み合わせてるだけのパターンです。

以前、フィリピンで怪しい日本人と飲みに行きました。
タガログ話せるアピールしてた人です。

女の子がテーブルに来てくれる店に行ったのですが、
その人が発した言葉が
「イカウ マガンダ ナ~」
「アコ インラブ」
「イカウ アサワ メロン?」
よくそれでタガログ話せるアピールしたもんだと感心しました。

楽しく飲むために片言のタガログを使うのは素晴らしいと思います。
このくらいは、日本のフィリピンパブでもよく見かけました。

片言レベルで「タガログ分かるから俺にまかせろ」
って言われてもね。
ビジネス上は英語でもいいですし、通訳つけてもいいですしね。

何年たっても、タガログが上達しないので、すぐ分かりますよ。

 

自称「大物にコネがある」

総じて政治家だったり政府組織の高官だったり
公的施設の所長だったり、大きい会社の社長だったり、
役人だったり警察官だったり。
詐欺師の100%がコネをアピールします。

ただ、会った事があるだけか、
相手は仕事してるだけかです。

その辺の日本人に
見返り無しに便宜をはかる役人なんていませんし、
ビジネス上で優遇したり、リスクを負う会社もありません。

大半が通常業務をしてるだけだったり、
賄賂目的だけです。賄賂目的だったらコネはいらないですよね。

また、高官であるほど賄賂は受け取りません。
バレたら失脚しますから、あたりまえです。

私自身のコネの一つに某市の市長の息子が友達というのがあります。
彼の家で酒を飲んだり、たまに出かけたりします。
彼自身も市役所で働いており、

役所関係の仕事を回してくれたり、
手続きがあれば、受付窓口を飛ばして先に処理したりしてくれます。

その程度ですが、見返りは一切求めません。
あたりまえですよね、友達だから。
ビールもいつも彼が払います。

私自身はコネとは言いません。「友達だから」です。
それが自然ではないでしょうか?

日本人の「コネ」アピールには絶対に気をつけて下さい。

 

「マカティ推し」

上記の内容は、注意内容の定番ですが、
マカティ推しは、私の新説ですw

何か、やたらとマカティを推してきます。

マカティで食べる、遊ぶ、住む、仕事する
たしかに安全面を考えたら、マカティは安心感がありますが、
何でもマカティでは無いでしょう。

以前、「マカティに事務所を借りる」
と豪語してた詐欺師がいました。

本人構想のビジネス内容は
ココナッツオイル関連でした。
単純に「マカティに事務所は必要ないじゃん。」
と思いました。

確かにマカティは事務所が集中する場所ですし、
国際的な会社が多くあります。(優遇もあります)
外国人従業員にも環境が良いと思います。

詐欺師の場合は単にマカティの知名度・イメージによる詭弁です。
もちろん、その後も実際に起業まで至っていません。

最近では、フィリピンのコンドミニアム投資が流行っています。
怪しい会社は、やたらとマカティのコンドを進めてきますw

個人的な見解ですが、マカティのコンドは投資には不向きです。
これは、別記事にしましょう。

 

投資を持ちかけられたら、まず私にご相談下さい。
メールのお問い合わせは、もちろん完全無料ですw




-怪しいフィリピンの日本人

Copyright© フィリピンを生きる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.