フィリピンを生きる

フィリピンを生きるではフィリピンの庶民の日常生活に密着したディープなフィリピン情報を発信していきます。海外不動産投資・海外起業・海外生活の話題も盛り込んでいきます。

フィリピンライフ

フィリピン共産主義~NPA従軍記~

投稿日:2015年2月6日 更新日:

昔の話ですが、マニラを離れ、
くそ田舎のNPAの勢力が強い地域に住んでいた事があります。
NPAメンバーの友人が何人かいたので、訓練に同行してみました。
(機会があっても絶対にマネしないで下さい。)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

NPAとはフィリピンのテロリストです

NPAとはNew Peoples Armyのことで、
打倒フィリピン政府を目標に武力行使する共産主義の集団です。

日本では、フィリピンはイスラム系のテロリストが有名ですが、
ルソン島を中心にNPAも有名です。

NPAはテロリスト指定されてます。
共産主義の武力闘争は受け入れられないみたいです。

定期的に市役所等を襲撃してます。
最近は、ほとんど聞かないですね。

共産主義ですので、貧しい人の味方です。
つまりフィリピンの一般市民の味方です。

基本的には一般市民に危害を加えないので、
地元住民から必要以上に恐れられてる存在ではありません。

ただ、NPAには犯罪者が集まりがちですので、
そういう意味では危険視されてます。

市民にとって一番怖いのは、
NPAと警察の銃撃戦に巻き込まれる事です。

 

構成員は町に住んでる

実際の所、NPA構成員は普通に町に住んでます。
もちろん親・兄弟・子供もいます。

見た所で普通の市民と見分けが付かない人が多いです。
話してみても絶対テロリストとは分かりません。

一方で犯罪を生業にしているNPAメンバーもいます。
こちらは犯罪者の目をしてるので、すぐ分かります。
昼間に街中で会っても、犯罪者の威圧感がものすごいです。
何回か一緒に飲みましたが、深く関わらない様にしてました。

 

様々なNPAの人を紹介してくれた親しい友人ですが、
仲間内でもNPAメンバーとは明かしてません。
明るみなれば、警察に踏み込まれ逮捕されます。

多くの人は家族にも隠してると思います。
気にしない人でも、仲の良い友人くらいまでにしか話しません。

その友人は自宅に
拳銃3丁、
手榴弾を数個、
とどめは、
サブマシンガンのMAC-10(イングラム)を家に隠し持っていました。

「警察が来ても、皆殺しだよ」なんて冗談を言ってました。

 

フィリピンらしいのは、
その友人らと仲間内で飲んでる場に、
警察官の友人も普通に参加するところです。

NPAと隠してる友人ですが、
当人も含め、事情を知ってる仲間も一切気にしません。

 

NPAの軍事訓練に同行してみました

他の地域のNPAが同じか分かりませんが、
そこでは、毎週日曜日に集まってました。

場所は山の奥です。
地域の集まりなので、参加人数は10数名くらいでした。

超ドキドキでしたが、知った顔が多かったので安心しました。

地元レベルだから同行させてくれた訳ですが、
むしろ銃好きのサークルくらいに思っちゃいました。

普段は他の地域と合同訓練するみたいです。

訓練内容ですが、
飯食って、銃撃って遊んで、酒飲んだだけですw

 

私は銃火器が大好きです。(同行理由です)
サブマシンガンを撃たせてもらいました。
気持ちよかったのは事実ですが、
楽しくは無かったです。

サブマシンガンは人を大量に殺害する道具です。
拳銃とちがい、護身用とは言い難いです。

こんな事を思い、私はまだ正常だと思いました。
私は道具としての銃が好きなだけで、
撃つ行為は別に好きではないみたいです。

 

末端のテロリストはこんなもんでしょうか。
共産主義にもテロリズムにもジャーナリズムにも
興味ない私は、それ以上踏み込みませんでした。

-フィリピンライフ

執筆者:


  1. はるみかん より:

    ダバオ軍事施設内射撃場にマイバリルとオートマライフル持込で遊びに行きます アンダーテーブルでw
    取り合えず射撃用アイグラスも持参 暫らくするとマシンピストル風な小型のオートマバリルとM-16、45口径Wアクションを持ってアーミー殿たちのご登場です

    弾はそこらの銃砲店で9mm48発入りで千ペソをふたつ購入
    因みに購入時、ID見せて、ライセンス見せてとは何故か言われたことが無い、、不思議だ、、
    大型量販店での購入の際も、、結構大雑把、、

    人型標的に向けパンパンパンと乾いた音 あーそろそろ人を撃って見たい気分な今日この頃

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

混沌と混乱の象徴~フィリピンの市場~

フィリピンの食生活にかかせない市場です。 各町に一つは大きな市場があります。 日曜品・野菜・肉・魚の店がひしめきあっています。 どの店も似たような品揃えです。 コピーDVD屋・服屋等も見られます。 庶 …

悪との戦い~真面目な警察官もいる~

よくフィリピンの警察官は悪いなんて言いますよね。 たしかに、悪いヤツが多く、だいたい生意気です。 旅行者の中には悪いイメージしか無い人も多いでしょう。 しかし、中には「正義感に燃える」かどうかは分かり …

移動という名のサバイバル~タクシー~

タクシー。 一番よく乗る乗り物だと思います。 一番危険でもあります。 日本人と分かるとメーター倒さないで走りだします。 メーター以上の料金を請求してきます。 速く進む不正メータも流通しています。 人の …

日々大量に~スーパーマーケット~

フィリピンのスーパーマーケットを紹介します。 PUREGOLDというフィリピンのルソン島にどこにでもある スパーマーケットのチェーンです。   肉類や魚類、野菜から日用品まで何でもそろってま …

マニラの闇~フィリピン危険体験~

フィリピンは危険。マニラは危険。 呪文のように何度も聞いたと思います。   道を歩けば携帯を強奪され タクシーに乗ればボッタクられ ジープに乗ればカバンを引き裂かれ FXに乗れば乗客が拳銃強 …