フィリピンを生きる

フィリピンを生きるではフィリピンの庶民の日常生活に密着したディープなフィリピン情報を発信していきます。海外不動産投資・海外起業・海外生活の話題も盛り込んでいきます。

車・バイク

移動とは戦争という事~フィリピンで運転する注意点~

投稿日:2015年2月6日 更新日:

前回の記事の続きです。
フィリピンでは慣れないと車の運転は大変です。

日本人の視点から、
フィリピンの運転における注意点を考えてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「割り込みが当たり前」

割り込みが当たり前です。
みんな前へ前へと行きます。
先に入ったもの勝ちです。

私自身も最初は戸惑いました。

あまりにヒドいので、頭にきて、
私も勢い良く突っ込んでみました。

不思議と横の車が止まります。

運転してみると分かるのですが、
先に自車の頭が入っていれば
先に行かせてくれます。

尻込みせずに走れば問題ないでしょう。

 

「バイクに気をつける」

バイクが縦横無尽に走ってます。
バイクの事故もよく見ます。

サイドミラーを良く確認して走行して下さい。

 

「ジープニーに気をつける」

路上のどこでも急に止まります
急に本線に入ってきます。
運転手は確認なんてしてません。

急に割り込んできたジープを避けて他の車と事故
というのも珍しくありません。

タクシーもその傾向があります。

自分の車じゃないからでしょう。
これは気をつけて下さい。

 

「ウインカーを出す」

フィリピン人がウインカーを出さないのは車線変更の時です。
右左折は多くのフィリピン人がウインカーを出します。

日本でもウインカーを出さなかったり、
曲がりながら出す車が多いですよね。

大きな間違いです。
ウインカーは他車のために出すのではないです。
自分の進路を示して、自分の身を守るために出すのです。

 

「クラクションをならす」

これも上記と同じ理由です。

フィリピン人はホーンが大好きですが、
自車の居場所を教えるために鳴らします。
抗議のためにも鳴らしますけどね。

危ない時は、ためらわず鳴らして下さい。
また追い越し時も鳴らした方がよいでしょう。

前述のように、停車中のジープの横を通過する時も
ならして下さい。

大通りは車が入り乱れて本当に気をつかいます。
友人のフィリピン人達も同様の事を言ってますw

地方はそうでもないので、
運転しやすいですよ。

いやー無理無理って方。
運転手を雇っても安いので。ご心配なく。

-車・バイク

執筆者:


  1. Leo より:

    此処での運転に慣れるには、結構時間を要しますねぇ!

    • masaki より:

      Leoさんコメントありがとうございます^^
      私の場合はフィリピン人には負けない!
      と開き直ったら急に慣れました。
      やはり現地の運転に合わせるのが大事だと思いました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

心で見ればいい~フィリピンの車~

フィリピンの車事情の一つですが、 ほとんどの車がフルスモークです。 スモークフィルムを運転席・助手席にも貼っています。 タクシー・FX等は全面禁止されてます。 暑さ対策・防犯からでしょうか、道行く自家 …

二輪至上主義~庶民の足~

フィリピンでは自家用車は夢。普通に仕事しても買えません。 一般的な庶民は小型バイクを普段の足にしています。 通勤・通学・買い物。 朝と夕方の幹線道路は、ものすごい数のバイクで溢れています。 スポンサー …

隔てる数字~フィリピンのナンバープレート~

フィリピンのナンバープレートは基本的に アルファベット3ケタと数字3ケタの組み合わせです。 フィリピンのナンバーも日本と同じように、地域が分かります。 先頭のアルファベット1文字で判別できます。 一部 …

フィリピンの希望ナンバー

フィリピンにもいろいろなナンバーがあります。 今回は希望ナンバーを紹介します。   フィリピンの車 フィリピンの車のナンバーは アルファベット3文字+数字3文字です。   このアル …

疾風の許可証~フィリピンの運転免許証~

フィリピンの運転免許です。 私の免許ですが、身長と体重は公開しちゃいます。 上部のNON-PROFESSIONALは通常免許で タクシーとかジープニーを運転できる、 日本でいう二種免許はPROFESS …