フィリピンを生きるではフィリピンの庶民の日常生活に密着したディープなフィリピン情報を発信していきます。海外不動産投資・海外起業・海外生活の話題も盛り込んでいきます。

フィリピンを生きる

家建築

一国一城~壁仕上げ編~

投稿日:

こんにちは。マサキです。

今回は壁仕上げ編です。

ブログランキングに参加しています。他にもリアルなサイトがあるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ

ありきたりなフェイク情報が嫌いな人は応援クリックお願いします。




壁の仕上げ

壁の仕上げのみではなく、柱や様々なブロックを積んだ箇所のフィニシングです。

この作業はブロック積みやコンクリ造りに使ったブルーサンドではなく、
ホワイトサンドをつかいます。
仕上げ用のモルタルなので、砂の細かさが必要です。
小石を省くためにスクリーンメッシュにかけます。

基本はこの様な手作業です。

少量の使用の場合は選別済みで袋単位でも買えます。

仕上げ種類

仕上げ後に塗装するかタイルを張るかで仕上がりが変わります。

写真の右の状態ですと、タイル貼り用です。
写真の左の状態ですと、塗装用です。セメントと刷毛で滑らかにします。

その他

また、この時点で窓の額縁やドア枠を決める必要があります。

窓の額縁は別途購入してつけます。
器用な職人でしたら、その場で簡易的な額を作れます。

ドア枠は仕上げの時にセメントで作るか、木の枠を入れるか選びます。
ドアのヒンジはセメントでも取り付けできます。

建築用語

今回の建築用語の現地での呼称は

・窓の額縁 モルデュラ
・ドア枠 ハンバ
・ヒンジ ビサグラ

適当にカタカナ表記しています。
正確な発音はお近くのフィリピン人に聞いて下さい。

「壁の仕上げ」のタガログもあります。一般的な言葉ではないので、
知りたい方はメールでお問い合わせください。




-家建築

Copyright© フィリピンを生きる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.