フィリピンを生きるではフィリピンの庶民の日常生活に密着したディープなフィリピン情報を発信していきます。海外不動産投資・海外起業・海外生活の話題も盛り込んでいきます。

フィリピンを生きる

怪しいフィリピンの日本人 フィリピンライフ

フィリピンの家族との付き合い方

更新日:

フィリピン人の奥様をお持ちの方も多いと思います。
私の妻もフィリピン人です。

言語の壁があり、コミュニケーション不足に悩む方もいると思います。

また、
ビジネスをしたりして、
フィリピンの家族に騙されたという話を多く聞きます。
 
私のケースをご紹介します。

 
ブログランキングに参加しています。他にもリアルなサイトがあるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ

ありきたりなフェイク情報が嫌いな人は応援クリックお願いします。
 




フィリピンの義両親

私がフィリピンに滞在するときは、
義両親の家に住みます。

以前の記事の様に、生活費として週に1500ペソを入れるだけです。
それ以外に私の金銭的負担は一切ありません。
ただし、自分で買い物行った時に、ついでに肉やら魚を買うことはよくあります。

 
私のフィリピンでのビジネス収入は義母が全て管理しています。
簡単な帳簿をつけてくれてます。
誤魔化された事など一度もありません。

また、不動産購入費の支払いで、月に25000ペソほど。
その他の支払いで月に10000~20000ペソほどを
銀行に行って支払ってもらってます。

 
分からなくなるので、当然ですが

ビジネス収入
毎月の支払い
毎月の仕送り

これらは、別です。
ビジネス収入から支払いに当てる事は一切していません。

 
義父は、普通のフィリピン人ですので、
酒好きです。
義父に金の管理をまかせると、酒代を抜きます。
これも一般的なフィリピン人でしょう。

私・妻・義姉共にフィリピンでの金の管理はすべて義母にまかせてあります。

 
私が友達の所に飲みに行って、帰りが深夜になる事があります。
義母は心配して、寝ずに私を待ってます。
義父は酔っ払って寝てます。

もちろん私も、あんまり遅くなる時は、義姉の家で寝ると伝えます。

 
フィリピンの義両親ですが、
普通の両親像ではないでしょうか?

ちなみに前妻の両親も似たような感じでした。
友人の親もこんな感じです。

日本のイメージとかけ離れて無いと思います。

 

フィリピンの親戚

もう、ざっくり言いますが
日本と同じ感覚での親戚付き合いです。

金銭的なやり取りはありませんが、
親戚の家に行ったら、飯や酒は出てきます。
自宅に来たら、飯は一緒に食いますし、酒も出します。

従兄弟らと遊びに行く事もあります。

もう本当に普通です。

 

親戚からの金の無心

そこはフィリピン。
金を無心に来る親戚も一部います。

これは、どこの家庭でも切り離せないと思います。

 
私の場合ですと、義母に無心に来ますので、
私はノータッチです。

妻もフィリピンに帰省中は、当然妻に来ます。
その場合は、「私に直接言え」と言ってあります。

ほとんどの人は私に直接言ってきません。
これで終わりです。

直接言いに来た場合は、
「あなたと面識無いですよね?面識無い人にお金は貸せません。」
とでも言えば大丈夫でしょう。

もしくは、フィリピンスタイルで
その場は濁して、そのまま放置でOKです。

 

家族に騙される?

日本からのお金もあり、文明的な生活をしている家族がほとんどだと思います。
切羽詰った暮らしのフィリピン家族は、いないと思います。

その状況で日本に嫁いだ娘を騙す親がいるでしょうか?
日本から来た義理の息子の面倒を見ない家族がいますか?

フィリピンだから?
そんな訳ありません。日本人よりも人間的です。

 
一部にイカれた親がいるのは、日本もフィリピンも同じですので、
それは別として、
フィリピンの家族に騙される理由は2つあると私は考えます。

1つは、奥さんにも騙されています。
奥さんも承知のパターンです。

もう1つは、
それの派生型で、
娘はかわいいけど、
その旦那は、ただの日本人の金ヅルと思われてるパターンです。
義理の息子と思われていないだけです。

 
昨今では、日本で結婚して何年もするのに
一度も奥様の家族に会われた事が無い方の話も聞きます。
ここまでくると、理解できません。

そして、奥様の言われるがままに、
フィリピンでのスモールビジネスに投資します。

ビジネスの内容も分からないまま、金を出し、管理もせず、
そして失敗して騒ぎます。

 
異常な環境を作ってるのは自分自身ではないでしょうか?




-怪しいフィリピンの日本人, フィリピンライフ

Copyright© フィリピンを生きる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.