フィリピンを生きるではフィリピンの庶民の日常生活に密着したディープなフィリピン情報を発信していきます。海外不動産投資・海外起業・海外生活の話題も盛り込んでいきます。

フィリピンを生きる

家建築

一国一城~便槽・配管・電気~

更新日:

こんにちは。マサキです。

今回は便槽・配管・電気編です。

ブログランキングに参加しています。他にもリアルなサイトがあるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ

ありきたりなフェイク情報が嫌いな人は応援クリックお願いします。




便槽

フィリピンでは一般的には下水はありませんので、
各家で便槽の設備が必須となっています。

私の家では敷地の奥ですが、
一般的には道路付近の設置が多いです。

単純な便槽で、排水パイプで各トイレと繋がっています。

バキュームカー

便槽がいっぱいになると
トイレが流れなくなりますので、すぐ分かります。

日本では見かけなくなりましたが、
フィリピンでは現役。バキュームカーの出番です。

役所に行くと自治体によっては無料だったりします。
お急ぎの場合は電柱によく業者のビラが貼ってありますので、
有料ですが、電話すればすぐ来ます。

配管・電気

床にコンクリを流す前に給排水の配管をします。
青いのが給水・オレンジが排水です。日本と同じですね。

ジョイント部分の確認や無理な負荷がかかってないか
施主が確認してください。

地面の中の配管に水漏れがあると、コンクリを掘る必要があり
大掛かりな工事になってしまいます。

また、電気の配線を通すチューブも埋め込みます。

建築用語

今回の建築用語の現地での呼称は

・便槽 ポソネグロ

適当にカタカナ表記しています。
正確な発音はお近くのフィリピン人に聞いて下さい。




-家建築

Copyright© フィリピンを生きる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.